cvELD

新XSI道場 - Color Variation of ELDorado

エンベロープウェイト自動補正ツールDelta Mush

Voodoo: The Delta Mush

Voodoo: The Delta Mush from Matt L Derksen on Vimeo.

C++ Implementation of Delta Mush for Softimage 2015

C++ Implementation of Delta Mush for Softimage 2015 from Guillaume Baratte on Vimeo.

デルタマッシュICE

アップデートは Guillaume Baratte氏により更新されました。
利用方法等の詳細は動画を参照してください。
メッシュを柔らかくするデフォーマーです。
これは1997年に開発されていたが、
リズム&ヒューズの社内ツール「Voodoo」の
2014年夏頃にデモビデオで紹介されていた。

デルタマッシュにある考え方はシンプルで賢い。
ローカルメッシュのディティール。元の変形していないメッシュに
スムージングをかけて再度スムージングを掛ける。
最後に元のディティールを復元。
(説明カナリ端折ってますので原文みてください。rrayのhttp://rray.de/xsi/

ダウンロードは以下
C++のソースコードまで配布されています。

ダウンロード  Delta_Mush_dataSet.1.1.xsicompound   Delta_Mush.1.1.xsicompound   DeltaMush_sample.scn Delta_Mush.xsiaddon   Softimage_DeltaMush_SourceCode.zip

The following is Guillaume’s C++ implementation of Miquel’s version, same nodes but performing faster and allowing attenuation of the effect by a weightmap. demo video and author downloads of the C++ version. Have a look at Guillaume’s vimeo page including his 2014 showreel.

*ダウンロード後アドオンインストール、その後。選択中OBJに自動でICEでノードをアタッチするスクリプト

var oCol = XSIFactory.CreateObject(‘XSI.Collection’);
oCol.items = Selection;

for (i=0; i<oCol.count; i++){

//Delta Mush Init装着
oICE = ApplyOp(“ICETree”, oCol(i) , “DeltaMush_Init”, null, null, 0);
oICE(0).Name = (“DeltaMush_Init”);
oNode = AddICECompoundNode(“Delta Mush Init”, oICE );
ConnectICENodes(oICE + “.port1″ , oNode + “.Execute”);

//Delta Mush 操作
ooICE = ApplyOp(“ICETree”, oCol(i) , “DeltaMush”, null, null, 3);
ooICE(0).Name =(“DeltaMush”);
ooNode = AddICECompoundNode(“Delta Mush”, ooICE );
ConnectICENodes(ooICE + “.port1″ , ooNode + “.Execute”);
}

関連記事

  1. 車のタイヤが地面の設置合わせて潰れるICEサンプルがダウンロード可能
  2. emPolygonizer5 (version 5.1) for Softimage, Maya, Fabric Engine, Modo
  3. BLK000396
  4. BLK000084
  5. cover
  6. BLK000396

コメント

コメントをお待ちしております

Loading Facebook Comments ...

No Trackbacks.