cvELD

新XSI道場 - Color Variation of ELDorado

Softimage、3DSmax、MAYA等のデーターパイプラインツール「Exocortexクレート」無料でオープンソース化

Exocortexがあることを発表しましたExocortexクレートのオープンソース化

3ds Max
MAYA
Softimage
ArnoldRenderとPython
アレンビックスイートは、
オープンソースとなりました。
ソースをダウンロードして、自由に改変して利用できます。
ALEMBICはパイプラインで活用できる最新のフォーマットです。
様々なアプリケーションで対応しています。
Houdini, Modo, Nuke, Cinema 4D, V-Ray, Arnold, RealFlow, Clarrise Lightwave

ダウンロードは以下
http://exocortex.com/products/crate

Exocortexクレート、オープンソースリリースには、次のバイナリが含まれています。

マヤ2015 WindowsとLinux
マヤ2014 WindowsとLinux
マヤ2013 WindowsとLinux
マヤ2012 WindowsとLinux
マヤ2011 WindowsとLinux
マヤ2010 WindowsとLinux
3ds Maxの2015のWindows
3ds Maxの2014のWindows
3ds Maxの2013のWindows
3ds Maxの2012のWindows
3ds Maxの2011のWindows
3ds Maxの2010のWindows
Softimageの2015 WindowsとLinux
Softimageの2014 WindowsとLinux
Softimageの2013 WindowsとLinux
Softimageの2012 WindowsとLinux
アーノルド4.xのWindowsとLinux
アーノルド3.xのWindowsとLinux
Pythonの2.7は、Windows
Pythonの2.6は、WindowsとLinux

*ソースコードはGithubの上にあり

他、ライセンス規約やExcortexの考える思想は
直接記事本文確認してください。
本記事で紹介しているのは英文の一部となります。

http://exocortex.com/blog/exocortex_crate_alembic_goes_open_source

関連記事

  1. 何にすればいいの
  2. 七尾シキ_t2
  3. GIをリアルタイムで頂点カラーに焼き付けるTips
  4. WS000112
  5. SOFTIMAGE-BADGE-FINAL-1

コメント

Loading Facebook Comments ...