cvELD

新XSI道場 - Color Variation of ELDorado

Autodesk Softimage 2015 Service Pack 2 および Autodesk Softimage Release 2

Softimage2015サービスパック2リリース
バグフィックスです。英訳はしてませんので各自翻訳してください
クラッシュ系が目立つので入れ替えておいたほうが良さそうです。
なお2015バージョンはSp2、SP1と無印を同時インストールできません。

■ダウンロードはこちら

修正された問題

不具合 ID 説明
SOFT-10305 ICE: Crash accessing Closest Location via Reinterpret Location node
SOFT-10315 Mixer lost after delete undo of reference model
SOFT-10316 Exported EMDL files lost TangentOp3 and BinormalOp3
SOFT-10317 Boolean FCurve reacts oddly when adding or modifying keys
SOFT-10318 Translation in Parent mode forces Local Rotation values
SOFT-10319 Time Slider Tool doesn’t consider the View Playback Visibility parameter
SOFT-10326 Alembic: Crash opening scene with AlembicNode referencing a non-existent ABC file
SOFT-10327 Alembic: Crash when importing an Alembic file
SOFT-10328 Null’s array primary icon is affected by the Y scale of the shadow icon
SOFT-10329 Scene Search: Custom operators cannot be found
SOFT-10330 Material Manager: Renaming a material library includes a number in its initial name
SOFT-10331 Transfer/Merge Attributes: Display issue when the window is not large enough
SOFT-10332 Potential crashes fixed
SOFT-10333 Popup dialogs are no more modal to Softimage when another application has focus
SOFT-10334 Resolving an invalid audio source requires scene Save/Load before playback
SOFT-10335 Missing CustomPSet proxy color parameters at import
SOFT-10339 FaceRobot: Inspecting the EyeProperties resets the Eyelid Sight Direction Tracking FCurve
SOFT-10340 ICE: Replace Model Name on ICE Op created using ApplyICEOp fails
SOFT-10342 Crash when an operator is writing to a CustomPSet
SOFT-10343 Contextual Explorer picking does not set path relative to InName
SOFT-10344 XSIbatch licensing does not work for 2015 R2 with parameter -batchonly
SOFT-10346 Wrong context being passed in GraphicSequencerContext::GetAttribute
SOFT-10351 ICE: Crash: PointLocator data mixed up by If node

 

既知の問題

不具合 ID 説明
SOFT-10283 CentOS/RHEL 6.2 でスタンドアロン ライセンスのアクティベーションを行っているときに[参照]ボタンをクリックすると Softimage がハング アップすることがあります。

回避策: スタンドアロン ライセンスのアクティベーションを行うときには、root ユーザとしてログインしてください。 アクティベーションの完了後は、通常のユーザ アカウントで Softimage を実行できます。

SOFT-10290 Linux 版 Softimage 2015 でモデルを含むシーンを保存し、それを Windows 版で開くと Softimage がクラッシュする。

回避策: Linux 版で作成したシーンを Windows 版で開くときにクラッシュや問題が発生する場合は、環境変数 XSI_CUSTOM_BUFFERED_IO を 1 に設定してから再保存してみてください。

関連記事

  1. 2017-04-20_18h40_28
  2. BLK000033
  3. 3D制作の次世代を担うFabric Engine2 SIGGRAPH 2015デモ集
  4. BLK000396
  5. 何にすればいいの
  6. s_008m