cvELD

新XSI&MAYA道場 - Color Variation of ELDorado

[SItoB]SoftimageからBlenderへの移行[Addon]

Softimageユーザーの観点から、
どのようにBlenderを改造すればストレスなく仕事ができるかを検証します。

主にBlenderのアドオン開発で対応しますが、
ショートカットを強制的にWindows側で制御する
AutoHotKeyも活用します。

使い方とか免責事項

  • Blender2.9αで開発してます。たぶん2.83でも使えます。
  • 他者が作ったアドオンが必要。
  • 絶賛制作中なので、不具合やら問題は多いです。

ダウンロード

SItoB
設定→addon、zipのまま読み込み
「テスト中」に表示。
CustomTool群は利用不可

Sキーでカメラ操作

AutoHotKeyを利用。

Blender2.90.batを作成して以下を参考。
Blender起動時にAutohotkeyも自動で立ち上がるようにします。

Blender2.90.batのショートカットを制作し、
アイコンをBlenderに変更。これをデスクトップにおいておけばOK

Autohotkey側で以下のスクリプト作成し、読み込む。
SItoB_AutoHotKey.ahk

Altキー=Sキー
これでカメラ操作はSoftimageと同じ挙動になる。
Altでも操作可能。

ただし、キーマッピングでSキー関係は全部Kキーに手動で変更が必要。
全て設定済みのショートカットは、そのうち公開するかも。

 

サブディビジョンレベルをSoftimage|XSI 方式に

si_subdiv.py
Twitterのログ参照。
ショートカット重複します。全部削除!

ムーブコンポーネント

si_MoveComponent.py

オブジェクトモード→編集モードに強制切り替え。
ムーブコンポーネントは「長押しモード」へ
各コンポーネント選択は背面選択ONのBOX選択へ
(そもそもオブジェクトモードも編集モードも切り替えが面倒じゃないですか?

M = Softimageのムーブコンポーネント操作ができます。
U = ポリゴン選択モード
E = エッジ選択モード
T = 頂点選択モード

オブジェクトの裏面も選択できるアドオンの導入が必要です。
Box Select X-Ray

選択のハイディングトグル

こちらのアドオンが必要
ハイディング後、選択してたオブジェクトが外れる。
改善したいが修正方法がまだわからない。
2020年6月14日公開版には入れてません。
ショートカットは削除していませんので
手動で消してください。

選択の移動、回転、拡大のリセット

si_resetSRT.py

全てリセット、Deltaもリセットします。

関連記事